HOME>ホットトピックス>どのような手数利用体系をとっているかの確認が大切です

目次

それ以外の要素を

M&Aを依頼する際には仲介会社の仲介手数料の体系を考えます。M&Aを依頼する仲介会社とは利害が一致する必要があります。そのため、着手金や月額報酬が必要なくて完全成功報酬制の仲介会社に依頼するのは人気です。完全成功報酬制の場合は仲介会社と利害関係が一致します。M&Aにかかる費用は仲介手数料に大きく影響されます。完全成功報酬制の場合は、M&Aの取引価額か移動総資産をベースにその報酬が計算されることが多いです。この金額に一定の割合をかけて計算されるので、仲介会社に支払う仲介手数料です。仲介会社を選ぶ時は手数料の相場だけでなく、仲介会社の交渉力に注目する必要もあります。

総合力を考える

M&Aを依頼する仲介会社は交渉力があることが望ましいです。交渉力があると、上手く条件をまとめてくれます。仲介手数料の相場を知ると、仲介会社の手数料体系を知ることができて、最低成功報酬額も知ることができます。

どのような選定をするか

M&Aで重要なのが相手先企業を上手く見つけて、適切な交渉をすることです。仲介手数料の相場を調べるのは大切ですが、仲介会社の選定力や交渉力を比較するのも重要です。より良いM&Aを成立させるには、相手先企業の存在を知るのも重要です。

広告募集中