HOME>注目記事>その費用やどのような準備をしておいたらよいか確認する
男女

まずは相談からスタート

会社にもさまざまな問題がありますが、弱点がある場合や継承する者はいない場合には大きな問題になります。この場合には、M&Aを行うことで問題解決できることが少なくありません。ただ、自分たちだけの力でM&Aを成し遂げるのは非常に難しいのが現状です。そこで、M&Aの仲介業者を利用することになるでしょう。この場合には、仲介手数料が必要ですが、準備や申し込みの段階では相談からスタートするためまだ仲介手数料がかかるわけではありません。仲介手数料の相場を知るのは実際に相談をして契約をするときに考えておけばよいです。事前の準備をするならば、自分の会社の弱みや強みを明確にしておくことです。また、合併するならば合併したい会社がどのような会社なのかを明確に仲介業者に伝えることが必要です。この点が明確でないと、理想的な会社を見つけ出す事に時間がかかってしまう傾向があります。

あらかじめ費用を理解しておく

M&Aを行う場合には、仲介手数料がどれぐらいの相場になるかを理解しておく必要があります。仲介手数料といっても、その中に成功報酬が含まれている場合や着手金が含まれている場合は100万円を超えるようなことも少なくありません。たいていの場合、資本金や会社の規模によって仲介手数料が変わってくるでしょう。例えば、資本金が1000万円未満の会社の場合、M&Aをするに当たりそれほど手間はかかりません。そのため、仲介手数料も安くなる傾向があるといえるでしょう。ところが、資本金が10億円を超えてしまうある程度規模が大きいような会社の場合には、M&Aの手続きにもかなりの時間がかかるだけでなく相手を見つけるのも大変になります。規模が大きければ大きいほど、会社の数自体が少なくなっていくからです。そのため仲介手数料だけで1000万円を超えることもあるでしょう。

広告募集中