費用をどのように考えるか

男性

M&Aを仲介会社に依頼する際には、手数料を考慮していく必要があります。仲介会社へ支払う手数料としては、まず相談料が考えられます。正式な仲介依頼をする前には、様々な相談を仲介会社にする場合が多いです。こうした相談の時に相談料が必要であるかの確認は大切です。相談料は無料である仲介会社は多いです。仲介会社に依頼する時は、着手金が必要なこともあります。着手金の相場は50万円から100万円ぐらいです。こうした費用を考える時は、着手金はM&Aがたとえ成立しなくても返ってこないことを意識する必要もあります。着手金が必要なのは仲介会社は着手金を活用して、会社の選定をしたり企業の価値がどのくらいかの調査を行うからです。最近では着手金が無料の仲介会社は多くなっています。着手金を払いたくない場合は、着手金が無料の仲介会社を選ぶと良いです。最近では成功報酬のみを手数料としている仲介会社が人気です。成功報酬のみですと、M&Aが成立した場合のみ料金が発生します。仲介手数料のリスクを考える時は、成功報酬型の仲介会社を選ぶと良いです。成功報酬にも相場がありますが、仲介会社によって異なります。事業の売却などで得られた額から成功報酬は支払われます。M&Aを依頼する際には、成功した時の利益を考える必要があります。成功報酬が相場よりも高めでも、より良い相手を上手く見つけてくれる仲介会社を選ぶ場合もあります。

売買額ごとの相場を知る

社員

M&Aを仲介会社に依頼する時は、様々な手数料や費用が発生します。同じ完全成功報酬型といっても、仲介会社によって料金体系は様々です。契約書を作成する時は、弁護士費用などがかかりますし、不動産の鑑定にも不動産鑑定士に支払う費用がかかります。こうした費用も成功報酬に含まれていることもあります。同じ成功報酬型の仲介会社でも料金体系は異なりますので、こうしたことの確認はとても大切です。M&Aはその方法によって、手続きの簡単さが異なります。株式を譲渡する場合は、比較的手続きが楽です。成功報酬は売却額のどのぐらいかの割合であるかの確認は大切です。また同じ完全成功報酬だったとしても、仲介会社によっては中間金が必要だったりする場合もあります。こうした細かい確認は仲介手数料の相場を確認する時に確認するのが大切です。仲介手数料の相場を見る際には、売買価格ごとに見る必要もあります。5億円以下では5%くらいが相場でも、100億円以上の場合は1%くらいが相場のこともあります。

広告募集中